宮崎市『夢。創造』協議会 宮崎で、働こう!実践型地域雇用創造事業

就活ガイド

就職活動は、ご縁があった、ご縁がなかったという結果だけで、自分のなにが良くて、なにが良くなかったのかハッキリしないことが多いと思います。
でも、ちょっとした、しかし大きな失敗が、ひょっとして自分の人間性や社会性の評価に大きく左右したのかもしれないと思えることはありませんか?
ここに、そんなあるあるをご紹介してみました。ご参考になれば幸いです。

言い間違えたときの「ごめんなさい」。
これはやっぱり「申し訳ありません」と言いたいですね。
質問を質問で返すの?
面接官の質問がよく聞き取れなかった時は、「‥ということで宜しかったでしょうか?」くらいにしましょうね。
担当者が「質問ある人はどうぞ」と言っても誰もしない。説明会が終わった後、みんな質問しにいく。
これって、積極的って評価になりますか?
面接官の話を聞いている時に相手から一瞬目をそらす。
なにか気になることでも?まだ終わらないのかな~と思っていますか?
素直な受け止めができず、「いや~、でも‥」と言ってしまう。
好感度を得るには、やはり「YES-AND話法(※)」でしょうね。相手の意見を受け止め、しっかりと意見を言いましょう。

※「YES-AND話法」ってなぁ~に?
面接を含めてビジネスのあらゆるシーンで『Yes,but』という話し方をよく耳にします。つまり、「そうですね(=Yes)」と相手の意見を肯定しながらも「でも(=but)」と否定的な接続詞で意見を述べてしまうと「なんだか否定された気分」と思われがちで、会話が進まなそうですね。そこで、『Yes,and』を使ってみてはいかがでしょうか。つまり、「そうですね(=Yes)」と相手の意見を肯定した後に「さらに(=and)」という接続詞をつなげて意見を盛り上げてみましょう。相手の気分を害さずに会話がスムーズに進み、きっと良い意見が生まれることでしょう。ぜひトライしてみてください。
「○○じゃないですかぁ~」
言ってしまいましたか…。避けて欲しかったです…。
面接会場以外でも見られていた
待合室とか‥。面接終わったあとでも気が抜けませんね。
無断欠席
「ま、1社くらいいっか‥」てなことあるわけありません。
こんなマナー違反は、その企業とのご縁がなくなるばかりか、いずれ自分を八方ふさがりにしてしまいますよ。
履歴書に使う写真が無表情
写真館で撮りましょう。写真の効力ってあなどれないですよ。
締切ギリギリに送る応募書類
採用選考は相対評価の世界、ギリギリに届いた応募書類の印象は果たして?