宮崎市『夢。創造』協議会 宮崎で、働こう!実践型地域雇用創造事業

イベント「みやざきの麦を楽しもう」を開催しました

お知らせ・活動報告

宮崎市『夢。創造』協議会 Q design lab.(雇用創出実践メニュー)は、5月19日(日)にイベント「みやざきの麦を楽しもう」を開催しました。 
 

 
 
 
宮崎市産の麦の認知向上と魅力の発信を目的とした今回のイベント。5月14日(火)に開催しました「みやざきの麦を知ってもらうツアー」は事業者向けだったのに対して、本イベントは一般の方々に広く宮崎の麦の魅力と、その生産者を知っていただきたいと思いから企画されました。
 

 
宮崎市村角町にある井野農園さんの麦畑を会場に、農業体験や加工体験、農産物の販売、Q design lab.(雇用創出実践メニュー)の開発した麦関連商品の販売、ヒンメリ体験、ほたるかご体験を行いました。
また、今回のイベントでは宮崎農業高校の先生・生徒たちもスタッフとして参加し、各体験ブースでの補助のほか、宮崎市産小麦粉と高岡文旦を使用したケーキの試食や、宮崎市産小麦粉を使用したアウトドアクッキング体験を主導して行っていただきまいした。
 

 
当日は荒天のため、事前に畑内に設けた巨大ビニールハウスでイベントを実施。
足元が悪いにもかかわらず、多くの方に来場いただけました。来場した方々の世代も幅広いものでした。
 
本イベントでは各ブースを一つでも多く巡っていただくために、農業高校生の発案によるシールラリーを行いました。シールを3つ集めるとくじ引きができ、麦関連景品をプレゼントする仕組み(景品は井野農園、宮崎農業高校より提供)。それが功を奏し、多くの方がまんべんなく会場内を巡っていました。
 

 
荒天の影響で、一番のメインであった麦刈り体験ができなかったのが残念ですが、麦の脱穀や石臼挽きの体験、麦わらを使用したヒンメリやほたるかごの体験などを通じ、参加された方から「初めて触れました」「麦わらで雑貨がつくれるんですね」「知らないことばかりです」など、宮崎の麦の認知と魅力の向上につながる感想をいただきました。
 
また、会場内、協力してくださった農園の方々と来場された方が麦や畑のことについてお話している場面が見受けられました。生産者と消費者、地域の方が直にコミュニケーションをはかれる場をつくることができたのではと思っています。
 

 
今回のイベントでは、多くの方の協力により開催することができました。
井野農園さん、仙人農園さん、コスモフルール阿部泰子先生、宮崎農業高校の古川先生・長友先生・生徒の皆様、ほかさまざまな場面で支えていただきました皆様、本当にありがとうございました。

2018年度開催セミナー一覧
2017年度開催セミナー一覧