宮崎市『夢。創造』協議会 宮崎で、働こう!実践型地域雇用創造事業

セミナー

講座レポート

「ライター養成講座」レポート③


【ライター養成講座】

〇講座レポート3

 

ライター養成講座、第3回目は「ネタ出し」についてでした。

 

記事を書くライターにとっては何と言っても「ネタ」が命。

いくら文才があっても、ネタが面白くなければ読まれないし、

そもそも採用されない!という事態が起きますので、

やはりここはライター養成講座ではキモとなるお話ではないでしょうか

 

 

ネタには、大まかにいうと「報道系」と「企画系」とがあり、

それぞれで切り込み方も違います。

 

今回は、ネタ出しの手順や注意点について学びました。

 

ある特定のメディアに記事を書く場合、

なんと言っても重要なことは、そのメディアのコンセプトを読み解いて、

それに合ったネタを出すということだそうです。

 

 

簡単に言うと、例えばスポーツ系のメディアにグルメ情報のネタを出す

といったトンチンカンなことはしないということですね。笑

 

そのメディアがどんな読者をターゲットにしているのかということも大事で、

男性なのか女性なのか、年齢は?どんなライフスタイルを持った人なのか。

年収はどのくらい?趣味や関心ごとは何だろう、といった、

ある程度ターゲットとなる人物を想定することが必要なのだそうです。

 

実際に、この日はいくつかのウェブサイトを受講者の皆さんに見せて、

読者ペルソナを絞ってもらうということをしていただきました。

お取り寄せ系の記事が多いサイトでは、「持ち家がある」なんていう

おもしろい意見も出たりしてクラスが湧きました。

 

 

講座の最後には、ある「お酒」のサイトを題材にして、

まずは個人でネタを探し、次にグループで話し合って面白いネタを

一つ選ぶというワークがあり、ネタ出しの大変さを皆さん実感しておられました。

 

 

ライターという職業は、一見自由で、

好きなことで食べていっている職業のひとつ、と言ったイメージがありますが、

自分の書いたものが多くの人に拡散されて影響を及ぼすことを考えると、

結構神経を使うハードな仕事だなと改めて思いました。

2018年度開催セミナー一覧
2017年度開催セミナー一覧