宮崎市『夢。創造』協議会 宮崎で、働こう!実践型地域雇用創造事業

セミナー

講座レポート

【ライター養成講座】「書くことを仕事に」   講座レポート①


〇第1日目 1月9日

 

2018年9月・10月に開講して好評だったライター養成講座の第2弾が、2019年の新年明けすぐの毎週水曜日から前回同様8回シリーズで始まりました。

講師も引き続き、ひなた宮崎経済新聞の編集長でライターの田代くるみさんにメイン講師として、同新聞副編集長で同じくフリーライターの恒吉浩之さんにサブ講師で入っていただき、ゲスト講師も4人お迎えします。

 

1月9日の第1回目は、「ライターって何?」というテーマで、ライターにはどんな仕事があるのかというところから、メディアの種類やそれぞれの比較、メディアの違いによって仕事内容はどう違ってくるのか、などといった仕事内容についてのお話をはじめとして、ウェブライターに関しての仕事の流れなどを、この回のゲスト羽鳥豪さんに、ご自身が編集長を務める「ロケットニュース24」を題材にして語っていただきました。

 

 

ロケットニュースは面白ネタを集めたウェブ媒体で、他のメディアが扱わないようなびっくりするような奇抜なネタも扱っていらっしゃいます。田代さんと恒吉さん運営の地域の旬のニュースを中心に扱う「ひなた宮崎経済新聞」とは目指す方向が違えど、ライターとしての仕事への意識や取り組み方、心構え、モラル的なことといった、ライターという職業人としてのキモとなる部分は共通していました。

フリーランスのライターというと一見自由人といった印象を持ってしまいますが、フリーだからこそ、クライアントさんに対しては非常に細かな部分までの気配りを忘れず、常に誠実に全力で取り組んでいらっしゃるのが田代さんや羽鳥さんのお話をとおして伺えました。

当たり前のことなのですが、どんな仕事でも、真面目に取り組むということ、結局はこれですよね。

ライター養成講座の初日は、普段知ることのできないウェブメディアの裏側を現役のプロライターの方たちから聞くことができて、受講者の皆さんもとても満足していらっしゃったようでした。

 

2018年度開催セミナー一覧
2017年度開催セミナー一覧