宮崎市『夢。創造』協議会 宮崎で、働こう!実践型地域雇用創造事業

セミナー

講座レポート

ワークライフプロモーション宮崎移住フェア イベントレポート


ワークライフプロモーション

「暮らし方を変えると人生が変わる」

宮崎移住フェア

 

昨年に引き続き、今年も東京にて宮崎移住フェアを10月26日に開催してまいりました。

場所は東京丸の内のビジネスビルの建ち並ぶ一角にある超オシャレなコワーキングスペース「3×3 lab Future(サンサン ラボ フューチャー)」。

会場ビルのすぐ前には皇居の大手門がでんと構え、大きなお堀が延々と続いています。宮崎からのおのぼりさんにとっての第一声は「わぁ~」としか出ません。笑

現地へ行ってあらためて会場のロケーション&アクセスの良さを実感!

 

このイベントは、年に1度、東京都市圏に住む宮崎出身者はもちろんのこと、県外出身者で宮崎に関心のある方、田舎暮らしや移住に興味のある方などを対象に、都会と比較した宮崎の良さや暮らしやすさなどを知っていただいて、宮崎への移住を促すという目的で開催するものです。

 

なんといっても宮崎から東京でのイベントへの集客をかけるという難しさがありましたが、宮崎市移住センターや宮崎市東京事務所、宮崎ひなた暮らしUIJターンセンターを始め、いろいろな関係者の方々のサポートのおかげで、当日の飛込み10名を含め36名の参加者に恵まれました。

協賛をしていただいた雲海酒造様と霧島酒造様、南日本酪農協同様からは協賛品の提供もあり、皆様には開始時間を待つ間も飲物を楽しみながら歓談していただくことができました。

 

 

さて、いよいよ19時となり、このイベントのために制作したプロモーションビデオを上映。このビデオには3人の移住者が出演して、宮崎に来る以前のこと、都会を離れたいと思ったきっかけ、なぜ宮崎なのかなど、それぞれの宮崎移住ストーリーを語ってもらいました。

 

 

移住と一口に言っても、首都圏から宮崎へ居を移すというのはかなりの決心がいると思います。何といっても一番の気がかりは仕事! 宮崎と東京都ではそもそもお給料がかなり違いますよね。そういう収入減を覚悟して宮崎への移住を決めるには、宮崎で確固とした目的があるとか、宮崎に大きな魅力を感じているとか、そういった何か強い目的意識が無ければ決められないことだと思います。

ビデオ出演の3人には当日会場へも来ていただき、カテナ株式会社取締役で宮崎市移住センター代表の宮田理恵さんが進行役で、ビデオでは語り尽くせなかった宮崎移住に関してのトークを繰り広げていただきました。実際に首都圏から宮崎へ移住したパネリスト3人のお話は、やはり現実味があって説得力があったのではないでしょうか。

トークショーの次は、参加者全員での交流会でした。受付の際にあらかじめU(Uターンの意味=宮崎出身者)やI/J(I/Jターン=宮崎以外)の名札を付けてもらっていたので、これが結構交流会での会話のきっかけにもなったようでした。

 

今回のイベントでは、宮崎のICT関係企業さんにも3社来ていただき、実際に宮崎でどんな仕事があるのか、雇用状況などの説明もありました。

 

 

移住の最大のネックとなるのは何といっても仕事や収入のこと。東京と宮崎ではそこがかなり違いますからね。

2時間という短い時間の中でのイベントはあっという間でしたが、交流会では予想以上に参加者の皆さんそれぞれで話が弾み、情報交換なども盛んに行っていらっしゃいました。
宮崎には昨今ICT系の会社がどんどん増えており、仕事の受け皿も広がっていますので、その辺のお話を、企業様たちからじかに聞くことができるのもなかなか貴重なことであったと思います。

東京とは暮らし方働き方が違う宮崎へ、どのくらいの人たちが移住を決心してくださるのかは、1回のイベントだけではなかなか難しいところではありますが、今回のイベントへ参加してくださった方たちには、宮崎の魅力は少しでも伝わり心に残ったのではないでしょうか。

また来年も新しい出会いと可能性を求めて同様の移住イベントを開催します。私たち協議会の取り組みが少しでも実を結ぶといいなぁと思います。

 

 

2018年度開催セミナー一覧
2017年度開催セミナー一覧