宮崎市『夢。創造』協議会 宮崎で、働こう!実践型地域雇用創造事業

セミナー

講座レポート

「ライター養成講座」レポート⑤


ライター養成講座 5回目

10月3日

 

〇講座レポート5

『タイトルを書こう』

ライター養成講座第5回目は、ゲストにコピーライターの菅野夕霧氏をお迎えして、ニューストピックを中心に、タイトルのつくり方について講義いただきました。

 

 

 

 

 

 

そもそも、ニュースとはなんでしょうか、ということから本題に入り、ニュースは単に変化を伝えるものだから客観的でなければならない、という大前提を叩き込まれます。あくまでも淡々と冷静に出来事や物事を伝えなければならないのです。(・。・;

ちなみに広告コピーはその真逆で、主観を好きなだけ盛り込んで作っていいのだそうですよ。

 

 

 

実際に、ヤフーニュースなどのネットニュースでよく目にするタイトルをいくつか例にあげて、その構造をお話し下さいましたが、クリックしてもらいやすいタイトルの付け方というのがやはりあるわけで、文字数30字前後で短く簡潔に、普遍的なテーマやトレンドワードを織り込み、数字を効果的に使うと読まれやすいとのことです。確かに、数字で人数やパーセンテージなどが示してあると分かりやすいですよね。また、ちゃんと本文も読んでもらうために、タイトルで内容をすべて明かさない工夫も必要とのことでした。

というところで、この日も早速ワークへ。

受講者の皆さんには、あらかじめニュース記事3本のタイトルをそれぞれ13文字で作って提出していただいていましたので、全てのタイトルをこの日菅野さんが講評も交えながらひとつひとつ添削してくださいました! プロのアドバイスはやはり納得するものばかりで、ニュース記事タイトルとはどういうものかというのが、この日の講座でなんとなく掴めたのではないかと思います。

 

 

 

最後は、菅野さんのこれまでの実績を例にとって、自分の好きなことをとことん極めていけばそれが自分の価値になり、仕事へ結びつくというお話をされました。好きなこと(分野)であれば、情熱があるはずだ、と。

例えば、宮崎県内のチキン南蛮について、とことん調べ上げ、食べ尽くし、比較し、それを色々な側面からデータ化したとして、他にこういうレポートを出した人が誰もいなければ、それに価値が生まれるということ、ですよね。うーん。なかなか深いお話です。

業界の第一線で活躍しているプロのライターのお話はなかなか聞く機会がありませんので、今回も皆さん前のめりで真剣に聞いていらっしゃったのが印象的でした。

2018年度開催セミナー一覧
2017年度開催セミナー一覧