宮崎市『夢。創造』協議会 宮崎で、働こう!実践型地域雇用創造事業

セミナー

求職者及び創業希望者向け

Digital Fabrication-デジタルファブリケーション- コンピュータから生まれるものづくり


 

 

 

3Dプリンター、レーザーカッターといった工作機械は、使いこなす人も使える場所も多くなってきています。

紙を印刷するプリンターよりは身近ではないですが、工場にある機械よりはぐっと気軽に使える存在。

そんな機材を使いこなし、アイデアを形にするために必要となるデータの作成、機材の動かし方、素材との関係性、デザインなど7回講座で実施していきます。

 

 

〇講座日程:2019年10月28日(月)~11月2日(土) 7回講座

 

〇講  師:豊住 大輔氏(FabLab 大分)

鈴谷 瑞樹氏(博多図工室)

 

〇会  場:宮崎大学まちなかキャンパス

宮崎市橘通り東3丁目4番36号 村武ビル1階

 

〇定  員:15名

 

〇参加対象者:宮崎市内で就業・転職、創業を希望する人

 

〇申込締め切り:2019年10月24日(木)

 

 

 

 

第1回目:10月28日(月) 17:00~20:00

[Introduction] Digital Fabrication の現状とその活用方法

デジタル工作機械を使った取り組み、講師陣が運営しているFabLab の取り組みなど、国内外の事例や動きなどを紹介、あわせて講座で使用する機材やアプリケーションの説明を行います。

 

第2回目:10月29日(火) 17:00~20:00

[3D Make1] 初めての3D プリント、身近なモノをつくりかえる。

3D プリンタの特性や種類を紹介し、実際に簡単なものをモデリング、プリントしてみます。日常的に使っているけど、もう少し工夫をするとより使いやすくなるモノということで、充電ケーブルのカバーを題材に制作を行います。

 

第3回目:10月30(水) 17:00~20:00

[3D Make2] 自分だけの3D プリント、自分に必要なサイズをつくる。

大抵の方が持っているけど、そのまま置きっぱなしにすることが多いスマートフォンの台をつくります。持っているモノは違うけど、ゴールは同じという状況でのちょっと応用したモデリングとなります。

 

第4回目:10月31日(木)17:00~20:00

[2D Make1] 初めてのレーザー加工、自分の名前を魅せる。

レーザー加工機で制作されたものは身近な場所で多く使われています。そんなレーザー加工の紹介とデータの作り方を学んでいただきます。レーザー加工に関しては、2D(平面)のデータさえ作れれば、あとは素材との調整だけで完了する、身軽にできるものづくりです。初めてのレーザー加工ということもあるので、みなさんのお名前をテーマに名札となる ものをつくってみます。

 

第5回目:11月1日(金)17:00~20:00

[2D Make2] レーザー加工で3D をつくる。

レーザー加工機が行えるのは平面への加工のみですが、組み上げ方を一緒に考えてあげると立体物に仕上げることができます。その仕組みを考えてもらい、板状の材料から立体物をつくってみます。

 

第6回目:11月2日(土)9:30~12:30

[2D Make3] カッティングシートからアナログプリンティング。

同じ2D 加工でもカッティングマシンは、レーザーで切断ではなく、物理的に刃でカットをします。このマシンを使って制作されたモノもよく目にする機会が多いのですが、それを工夫して自分だけのバッグをつくってみたいと思います。

 

第7回目:11月2日(土)13:30~16:30

[Free Make] さまざまな機材を使って欲しいモノをつくりあげる。

講座の振り返りの後、自分の作りたいモノを短時間でつくってみます。これまでの講座内容のリモデルでも、新たに思いついたモノでも自由に創作を行います。

 

 

 

2019年度開催セミナー一覧
2018年度開催セミナー一覧
2017年度開催セミナー一覧