宮崎市『夢。創造』協議会 宮崎で、働こう!実践型地域雇用創造事業

セミナー

講座レポート

【ライター養成講座】「書くことを仕事に」講座レポート④


メディアライターという仕事では、取材も重要な仕事の一つです。

「ライター養成講座」第4回目は「取材をしてみよう」と題してお話していただきました。

取材には、インタビュー形式とレポート形式とに大きく分かれるそうで、どちらにしても対象となるお相手や場所というものが発生してきます。ですので、スケジュール調整や取材依頼、取材先の情報を知るための前準備、そして核心となる取材内容を考えたりといったような様々なプロセスを実際の取材の前に踏まなければならないとか。ここをしっかり押さえておかないと、スムーズな取材にはならないでしょうし、そもそも、依頼の時点で断られる可能性もありですね。

取材依頼を受けていただけるということ自体、実はかなりハードルの高いことなのかもしれないなぁと、お話を聞きながら思いました。

 

 

 

そして、取材相手に対する際にも、あらかじめまとめておいた質問事項に沿って取材するのはもちろんですが、その流れをスムーズに運ぶためには、相手とのコミュニケーションを円滑にしなければなりませんし、時間配分を念頭に置きながら、写真を撮ったりもしなければなりません。

良い記事が書けるかどうかは、この取材の段階がうまくいったかどうかでほぼ決定するといっても過言ではないと思いました。

 

講座の後半には、大阪なおみ選手にインタビューしよう!というお題で、自分がどこかのメディアのライターだとして、テーマを決めて質問を考えるというワークショップを行いました。

企画テーマが、そのメディアの方針に合っているか、そして質問は①マスト(記事の基本情報を届けるもの)、②核心(テーマに関わるもの)、③プラスα(記事をおもしろくするもの)ということを押さえて質問事項を考えていただきました。

みなさん、ワークショップはとても真剣に、そして楽しく取り組んでおられました。

 

 

2019年度開催セミナー一覧
2018年度開催セミナー一覧
2017年度開催セミナー一覧