宮崎市『夢。創造』協議会 宮崎で、働こう!実践型地域雇用創造事業

セミナー

講座レポート

顧客獲得支援セミナー「実践型の自社EC事業立ち上げ講座」レポート①


顧客獲得支援セミナー「実践型の自社EC事業立ち上げ講座」

第1回目

12月13日(木)

〇講座レポート1

『拡大し続けるEC市場で地方企業はどう戦うべきか』

講師:本庄 拓郎氏(株式会社アティックベース 代表取締役)

 

宮崎市『夢。創造』協議会の事業者向け雇用促進セミナーの今年度のラストは、顧客獲得支援セミナー「拡大し続けるEC市場で地方企業はどう戦うべきか」です。12月13日から年末年始を挟んで5回シリーズで始まりました。

 

 

いわゆるECサイトについてのセミナーで、第1回目は、ウェブコンサルティングやマーケティング、開発などの事業を行っていらっしゃる株式会社アティックベースの本庄拓郎さんに登壇いただき、

「何かを販売するにあたって、ECサイト抜きにはもう話にならない時代だよ」

「じゃあどうすればいいの?」

「どのように運営すれば売り上げに繋がるの?」

「どんなサイトが人目に付くの?」

などといったことを、事例や様々なデータを参照して詳しくわかりやすく説明していただきました。

 

 

ただ、安易にECサイト運営に飛びつくのではなく、「どこで?」「何を?」「どのように?」といった下準備を十分しておかないと結果には繋がらないということで、しっかり突き詰めていくことで何をすべきかが具体化できるそうです。

これはECサイト運営に限らず、普段の仕事全般に関しても言えることだなぁと、背筋を伸ばした私です!

 

ECサイトでどう売っていくかの下準備として、SWOT分析やポジショニングマップで自社商品を十分理解するということも説明がありました。

SWOT分析とは、

S=Strength:強み

W=Weakness:弱み

O=Opportunity:機会(販売機会、チャンス)

T=Threat:脅威(商品の脅威となる外部要因)

の略で、「内部環境」⇒「強み、弱み」と、組織を取り巻く「外部環境」⇒「機会、脅威」という2つの側面から現状を把握し、今後の戦略方針や改善策などを立案するために行う診断手法です。

またポジショニングマップは、顧客ニーズと競合商品(企業)のポジションを図で表すことで、どのポジションが狙い目かということを導き出せ、SWOT分析と併せてマーケティングには必要なツールなのだそう。

たしかに、このような分析ツールを使うと、目の前の霧が晴れて進むべき方向が見えてくるような気がします!

 

 

昨今では、ECサイトのおかげで、地方にいながらでも対象エリアを気にせずに、消費者へ直接ビジネスを展開することが可能になりました。逆に、地方からアピールすることによって、更なるブランディングにもつながるのかなと思います。

ただ、運営の仕方をきちんと学んで戦略的に取り組んでいかないと、大手メーカーや大手のモールサイトに押し出されてしまうとのこと。

専門家に任せるべき部分は頼ってしっかり構築してもらうというのも重要だと思いました。

 

 

2019年度開催セミナー一覧
2018年度開催セミナー一覧
2017年度開催セミナー一覧